シリーズ‟岐阜県を歩く”~中部北陸自然歩道編~
第2回 「中山道 馬籠宿 落合宿&奥恵那峡と苗木城」
開催日 5/12() 5/16(木)

読込中

シリーズ‟岐阜県を歩く”~中部北陸自然歩道編~

馬籠

第2回は 歴史ある中山道の 馬籠峠からスタート。
当時の面影を残す馬籠宿から旧本陣が残る落合宿を歩きます。
小説‟夜明け前”の舞台である馬籠宿は
当時の面影を残す馬籠宿は多くの観光客で賑わいます。
かつては馬籠宿は長野県に属していたが
平成の大合併で2005年に越県合併し岐阜県にりました。
落合宿手前にある石畳は岐阜県指定史跡であり
落合宿には、美濃十六宿のうち唯一旧本陣が残さ、
当時の歴史を今に伝えています。
中津川宿は東農一の商業地として栄えました。

 

開催期間

2019年5月12日() 2019年5月16日(木)

※天候等によりコースを変更したり、中止する場合があります

開催場所

岐阜県中津川市

( start 馬籠峠~馬籠宿~落合宿~中津川宿~苗木城駐車場 goal)

(歩行距離 約17.2㎞ 歩行時間5時間程

標高790mからスタート。標高269mまで下りゴールは標高390m。)

集合場所/時間

中津川駅 / 9:10 (名古屋駅7:45発 中津川行乗車で中津川駅9:06着)

解散場所/時間

中津川駅        解散予定 16:30

参加費

7,500円

参加費に含まれるもの

ガイド料、保険料

参加条件 

小学生以上  体力度 ②

持ち物

歩きやすい服装、雨具、飲み物、弁当、

最小/最大催行人数

最小 4名 / 最大 20名

 

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

 

※体力度の目安

体力度① ハイキングレベル

体力度② 標高差500m前後のアップダウン

体力度③ 標高差900m前後のアップダウン